京都市北歯科医師会

★コロナ禍の中、感染症対策を余儀なくされ、外出自粛等により日中の活動量の低下、特に人と人とのコミュニケーションが減ることによりお口や全身の筋肉量が低下します。これを放置すると、健康な状態と要介護状態の中間である「フレイル(虚弱)」と呼ばれる状態になってしまいます。しかし、適切な治療や予防を行うことで要介護状態に進まずにすむ可能性もあります。そこで、私たちは 『新しい生活様式を考える』 『歯医者さんって、多職種とどこで繋がっているの?』 というテーマで歯科医師と多職種の方々との対談を行いました。更に快適に過ごすためのヒントやフレイル予防の方法なども分かりやすく解説しているので是非、ホームページへ遊びに来てくださいね!