一般社団法人 京都府歯科技工士会

歯科医院で治療を受けた経験のある方は多くいらっしゃると思いますが、その時に口の中に入れた差し歯や入れ歯(歯科技工物)を作っているのが歯科技工士です。

歯は人の健康維持にとって大変重要なものであり、歯科技工物が患者様の口の中にきちんと合っていないと食べ物がうまく噛めなかったり顎の関節を痛めたりする原因となります。

これら人工の歯は精度の高いものが要求され、それらを製作するには高度な技術と知識が必要となります。

京都府歯科技工士会では、歯科の医療技術や材料が進歩し続けている現在、様々な研修会を開催してより良質の歯科技工物を供給すべく知識と技術の向上を目指しております。